スポーツとか

ネットプロレス大賞2010

昨年に引き続きブラックアイ2さんのネットプロレス大賞2010
1年に1度はプロレス関連の記事を書いて投票するのが目標です
ちなみにことしの記事はこちら
http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111001000382.html


投票内容は続きで。当然偏っています

続きを読む "ネットプロレス大賞2010"

| | トラックバック (0)

グラフで、考える(女子フィギュア)

採点競技全般について言いたいことはたくさんあるのだけど、とり急ぎ今回の女子フィギュアの採点について、思うところがあったのでグラフを作ってみました。

前提条件として
1)現在の採点方式にのっとた上で
2)順位については異論はない
3)極端に恣意的な採点はあまりなかったように思う


100226


バンクーバー五輪と前回のトリノ五輪の、メダリストのFPの点数を、棒グラフで積み上げたものです。今回も前回もSP→FP→合計とも上位3人の顔ぶれはかわっていません。


下からBaseValue、ProgramComponents、GOEです。BaseValueとGOEを足すと、見慣れたTotals Executed Elementsになります。ちなみにコーエンだけGOEがマイナスになっています。


これをみると4年間でBaseValueは大きく変わっていないことがわかります。浅田の技術の高さ、金の熟練度の高さは特筆すべきものがありますが、ジャンプは伊藤みどりがトリプルアクセルを決めて以降、変わってないない訳ですし、技術点の伸びに限度があるのも当然と言えるかもしれません。


それに対して、ProgramComponentsとGOEはびっくりするぐらいグワっと伸びています。たしかに金の演技は完成度が高く、金メダルににふさわしいものではありましたが、ProgramComponentsだけみてもトリノの荒川、あるいは歴代の名選手とくらべてとこれほどの差がつくとは思いませんでした。そして自己ベスト更新を続出させたGOEの大盤振る舞い。4年間同じ技を練習してきたと考えれば、熟練度があがるのは当然ですが、さすがにこれはという感じです。


全得点に占めるGOEの比率が高くなればなるほど、難度の高い技に対する価値は相対的に下がっていきます。今五輪に限ったことではなく近年の傾向ではありますが、結果的に技の難度で点差を付けることが難しくなった結果、安藤や浅田といった高い難度の技に挑戦するタイプの選手に不利な状況にある、ということは言えるかもしれません。


ルールを最大限に生かしているからいいじゃないか!フィギュアは体操じゃない芸術性こそ大事なんだ!全選手が同じ条件じゃないか!どれもこれもまったくもってその通り、真理です。しかし行き過ぎた加点が試合の興をそいだのもまた真理なのだと思います。


理想は熟練度をあげていった選手と新技に挑戦していった選手がうまくバランスをとれること。時間の経過に技の進化が追いつかない以上、ルール改正や難度の調整など、どこかでリセットする必要があるのではないでしょうか、というのが今日の結論です。


余談ですが体操では新ルールになり10点満点がなくなったとき、日本選手はそれなりの難度で完成度をあげる方向で強化を進めました。しかし国際大会で点がでるのは、完成度は低くても高い難度に挑戦した選手ばかりでしたとさ。フィギュアとは正反対だったというおはなし。とっぴんぱらりのぷう


追記:ノットイコールと二アリーイコールを間違えた。ああ恥ずかしい

| | コメント (0)

スパルタンX

続きを読む "スパルタンX"

| | コメント (1)

スパルタンX

続きを読む "スパルタンX"

| | コメント (1)

2.19後楽園

前回に引き続いてハッスルの話なので興味のある人だけ見てくださいね

続きを読む "2.19後楽園"

| | コメント (0)

2月14日

幸いなことに今年もいくつかいただけました
ほんとうにありがたいことです

加えて今年はもうひとつ、チョコ以外に希有な経験がありました
お絵描きを見てわかるひとは続きをどうぞ。長いです

0214chie


続きを読む "2月14日"

| | コメント (0)

ゆか

Kouhei

森末選手も塚原選手も冨田選手もなしえなかったこと

というとそのすごさが実感できるかもしれない

続きを読む "ゆか"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バカサバイバーのDREAM.5


Waoki_2


というわけでリザーブのハンセンに負けてしまった青木さんです
TBSもヒーローにする気満々であおっていたので少しだけ予想外
がハンセンも格は十分むしろ地上派視聴者受けはいいかもしらん
青木さんは対策を練ったストライカー相手が課題かと思われます
初防衛戦はアルバレスで大晦日に青木さんが挑戦の流れなのか
おしむらくは狂犬柴田と魔王秋山の試合に間に合わなかったこと
ほかの試合は見とらんでとにかく何か絵を描きたかっただけです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あたたたたたたたたたたたぁぁぁぁぁぁっ

Photo_2


今日3月5日は「戦極」旗揚げ戦
というわけでメインで戦極のエース吉田秀彦との対戦が
決まっているIGFのエース(?)ジョシュ・バーネットを描いてみた
世界一強い北斗の拳オタクであるジョシュのために
ケンシロウのコスチュームと北斗風のロゴをそろえたんだが
苦労したわりにクオリティ低いなぁ…

さて昨年来ごたごたがつづいていた総合格闘技界も
戦極とDreamというふたつの軸を得て少しは落ち着きそうに見える
正直なところ明日も分からないというが共倒れだけは勘弁してほしい

などとしたり顔で書いてはいるがオレは総格オタというよりプオタなので
本当のところ気になるのはジョシュであり藤田であり
ケンドー・カシンだったりするわけで
とりあえずメインが終わったらまた書こうと思う

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NOMO!!!!!!!!!!!

Photo_4




ロイヤルズか~
さすがに先発ローテでバリバリフル回転とはいかないだろうけど
投手力を考えれば桑田選手よりはチャンスあるかも

どんなにイチロー選手や松坂選手や活躍しても
やっぱり日本人大リーガーといえば野茂選手を置いてほかにいないわけで
野茂選手には投げ続けてほしいなと


お絵描きにはとりあえずロイヤルズのユニフォームを着せてみた
背番号はまだ未決みたいなので
メジャーだと16かもしれないけど…
個人的にはやっぱり11だな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧