映画とか

告白

「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」と手がけてきた中島哲也が、なぜいま「告白」を映画化したのか。いったい何を伝えたかったのか。
そこには現代日本が抱える闇が見えてくる…


…なんて考えるやつがいたらまあおめでたい頭をしているというか、まず馬鹿だと思う。
たぶん、監督は原作を読んで何となく引っかかって、松たか子にこれ言わせてみたいなーとか、ココを映像にするならこうだろ〜とかイメージが浮かんできて、じゃあいっちょやってみっかとかそんな感じで映画にしているのだと思うのですよ。

実際、描かれている動機や行動なんて(原作通りなのだろうけど)ティピカルでステロタイプで、少年事件後の反乱するマスコミ報道と似たり寄ったりな内容なので、監督も“これが正しい”とかでなくて、材料を文章(=原作小説)ではなく今度は映像で提示するからみんなも考えてみてほしいな〜。程度の心持ちだとおもうし


そもそも「告白」というタイトルとスタイル自体が主体が嘘をつく(あるいは真実を忘れている)とう前提のものだから、こんなのは「薮の中」のころから変わってないのだから、何かを読み取ろうなんてうのが無駄な行為で

だからこれの映画は、なぜ?とかなにを?ではなく、ただ何がどのように撮られているかだけをみてればいいんじゃないかな。で思ったことを適当に語る。こんなふうに


帰り道に原作をパラパラ立ち読みしたけど、原作とは骨と皮は一緒だけど肉付きが違うイメージで、力技というか圧力で読ませる小説のと、冗長の代名詞のような中島哲也がかけ合わさったのに、あんなふうにそぎ落とされるスタイルになったというのは面白いなと思う。


見て損はしない映画だと思うし、悩んでいる人がいたら見るように進めると思うけど、気になったのはこれをR15+指定にする映倫は何を考えているんだろうというのが一つ。それと、たぶん今年のキネ旬で邦画1位かそれに準じる成績をおさめるだろうけど、日本映画はそれでいいのかっていうのが一つ。こういうのはキワモノ扱いされる方がいいのにね


Nt_2

同じ題材で山下淳弘に撮らせても面白そうだな。
中島哲也は3Dで映画をつくるといいと思う。


| | コメント (1)

マイケルムーアと田舎のお話

Photo_13




 

続きを読む "マイケルムーアと田舎のお話"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大型連休にこぼすもの

ゴールデンウィーク?なんですか?
当然仕事していますよ、毎日毎日

というかなんで汐留?
ただのビジネス街だよ。観るものなんかないでしょ?

というかなんで渋谷?
買い物したいなら平日の仕事帰りによれば充分でしょ?

というかなんで南大沢?
ただの住宅街だよ。アウトレット?なにもないよ?

そもそも“ゴールデンウィーク”なんて映画業界が作った言葉なわけで
だからNHKはいまだに“大型連休”と言い続けているわけで
なのになぜか中国には“黄金週間”なる言葉があるわけで

映画業界もアニメ映画ばかり垂れ流すぐらいなら
日々、映画業界に貢いでるオレのためになにかしてください
4月なんて1日1本だよ
せめて試写会ぐらいあててくださいお願いします

↓というわけで4月に貢いだカワイコちゃんたちはコチラ↓

続きを読む "大型連休にこぼすもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひかりのどけき

就職した人、入学した人おめでとうございます。

4月になりはやくも半分が過ぎてしまいました。

社会人になって迎える4月はこんなに味気のない物か。


うちの部署は配属予定の新人さんが入社辞退してしまったので

もうしばらく下っ端です。


以下映画の感想

続きを読む "ひかりのどけき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゅうろっぽん

水曜日、宿直明けで「今宵、フィッツジェラルド劇場で」テアトル銀座
金曜日、夜勤前に「ラストキング・オブ・スコットランド」有楽町スバル座
今月はこれで打ち止め、計16本

どうしても上映期間の限られる、単館、名画座が中心なってしまって
大規模なロードショウが少なくなってしまいます
流行り物は独りでいってもイマイチつまらないし
いっしょにいくひと絶賛募集中


以下感想



続きを読む "じゅうろっぽん"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

映画しか書くことがないのかコイツは

先週は5本

月曜 「春の目覚め」シネマ・アンジェリカ(渋谷)
火曜 「カインの末裔」シアター・イメージフォーラム(渋谷)
   「ナヴァラサ」ユーロスペース(渋谷)
水曜 「カポーティ」早稲田松竹(高田馬場)
木曜 「めぐみ―引き裂かれた家族の30年」シネマ・ロサ(池袋)

なるべく手短に



できないんだよこれがまた
これで新聞記者(モドキ)だってんだからちゃんちゃらおかしいわ          

以下感想

続きを読む "映画しか書くことがないのかコイツは"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

水曜日は映画の日

なのに一日寝てしまいました。
なので今週は3本だけ。

シネカノンの謝恩価格?で「フラガール」
三軒茶屋シネマで「ゲド戦記」「ブレイブストーリー」

三本合わせて2100円。1本あたり700円。

以下感想ですよ




続きを読む "水曜日は映画の日"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

662分

この二日間でみた映画6本の合計上映時間。                             
11時間02分。または3万9720秒。新記録。

火曜は宿直明け、三軒茶屋シネマでやや前の二本立て
昔ながらのオンボロキネマ
来週は「ゲド戦記」と「ブレイブストーリー」、みたいかも

水曜日は映画の日、だから休暇を取った
一部の映画館では女装をしなくても1000円デイ
一日渋谷で4本

ついでに今月公開の2本、試写会でみた分も


以下レビュー

続きを読む "662分"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「鉄コン筋クリート」


なんだかびみょうにきえてたな書き直し

「鉄コン筋クリート」原作:松本大洋 監督:マイケル・アリアス

以下感想。

続きを読む "「鉄コン筋クリート」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「パプリカ」

最終日にまにあった

昔、夢から覚めた夢から覚めた夢から覚めた夢から覚めた夢から覚めた夢から覚めた夢を見たことがあるが、
あれはこわかった。
途中からは夢だって認識してるのにいつ終わるのかがわからない。
終わらせられない。


「パプリカ」 監督:今敏 原作:筒井康隆

以下感想

続きを読む "「パプリカ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧