舞台とか

肉感ナイト[追記]

昨晩は女優にしてエロキュン歌人川上史津子氏のお誘いで、
ラジカル鈴木氏の個展で行われたイベントへ
楽しかったが、まあ濃い。

ちゃんとyoutubeにアップしました
みんなこれみてキュンッとかジュンっとかするといいよ

本当はあっちのブログに載せたかったけど
公序良俗的にどうなんかと思ったのでこちらに

秋には「星の王子さま」の再演があるそうで
今回の「星」がなんとカルメン・マキ!!!!!
見に行くしか無いでしょう


[追記]

あっちのブログというのはコレのことです
まだのひとはポチっとするように
知らなかった人も見て笑ってからポチっとするように

| | コメント (2)

邪宗門(メモ)

・これはやっぱり渋谷で演ってこそという気がする。渋谷の磁場があってはじめて意味持つ台詞
・昭和精吾さんは阿佐ヶ谷になってた
・途中で「中国の不思議な役人」?「チャイナドール」?が入るのはシーザー演出?高取演出?
・去年のパルコ白井演出を思い出す。比べる
・屋台崩し=パルコのイメージつよいなあ
・大量に蝋がかかった。月蝕の血かぶり以来。マッチで少し髪燃えたかも

| | コメント (0)

The Origin Of Love

 

Hedwig

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の感想ですよ

2001年公開の映画で有名になった作品だが、もとはオフブロードウェイで上演されたロックミュージカル。日本では2004年に三上博史主演で上演され、山本耕史では昨年に続き二度目の公演になる。観劇にあわせてDVD借りて歴史を繰ってみたがなかなかどうして内容と同じくらいに面白い。

お絵描きのコウジヤマモト(こうかくとヨウジヤマモトっぽい)が似てないのはメイクが濃すぎるからと言うことにしてください。いつもとタッチ変えてみたのにまったくあれだわな

つづきます

続きを読む "The Origin Of Love"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『犬顔家の一族の陰謀~金田真一耕助之介の事件です。ノート』劇団☆新感線2007年夏休みチャンピオン祭り

…タイトル長すぎ

〈あらすじ〉
NY帰りの演出家マックス犬顔の新作舞台の本番中、人気女優大地マヤが何者かに殺害された。そんなおり、売れない脚本家兼探偵の金田真一耕助之介のもとに仕事の依頼が舞い込む。地方の名家犬顔家、現当主助衛門之介翁の臨終に際し遺言を聞くべく一族が集まるという。そこに起こりうる惨劇を未然に防ぐのが依頼の内容だ。
だが犬顔邸のある犬かき湖畔に到着した金田真一耕助之介の目の前で依頼主は殺されてしまう。一転、犯人と疑われる貧相で汚い金田真一耕助之介。なんとか疑いが晴れ、アマゾンで行方不明だった助衛門之介の長女太郎子の長男助比代も犬顔邸に到着、いよいよ一族がそろい遺言書が読まれる。が、その内容は誰もが予想だにしないものだった…。さらに相次ぐ惨劇…。取材手帳をみていた金田真一耕助之介は被害のある共通点に気づくのだった…

続きを読む "『犬顔家の一族の陰謀~金田真一耕助之介の事件です。ノート』劇団☆新感線2007年夏休みチャンピオン祭り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

All That Jazz

日成劇場で「CHICAGO」を観てきましたよ
2月中に行く予定が会議でお流れになって、1日にようやくいけました

考えてみれば東京戻ってきてから舞台みにいくのはじめてかもしれない
そうじゃないかもしれない。わすれた

語彙がとぼしいのでうまく表現できないけど、ほんとおもしろかった
映画しか知らなかったので、こんなに違うんだというのが最初の感想
むしろよくこれからあんな映画ができたなーとか本末転倒なこと考えたり

フォッシースタイルとかよくわからないんだけどダンスがステキなのは当然で
生バンドがイイ。バンドにスポットあたるときのパフォーマンスがね
バンジョーはりきり過ぎ、ピアノ腰痛そう、ドラムスかわいそう、みたいな
そういうの全部ひっくるめて演出が上手いんだなーと感心

CHICAGOといえば3600。というのは数人にしか伝わらないだろうけど
教育実習に行ったときの担当クラスが文化祭の劇でシカゴを演っていて
すごくすごくがんばっていて。それで自分もDVD観てサントラも聞いて
いつも生徒たちが歌って踊ってるから、覚えてしまうんだこれが

そんな音楽が流れてきたらもうノリノリですよ
聴いてたのが映画版だったからアレンジ違うとこんな違うんだーとかね
やっぱり歌の迫力でいったらママ・モートンがスゴいね。
ここは映画もちゃんと歌えるひとだったなあ

エフェクト満点の映画版とくらべたらやっぱりナマ歌は違かった
レネー・ゼルヴィガーの歌の下手さもアリだったけど
ついつい口ずさんじゃうのは、“cell block tango”と“we both reached for the gun”
あと“razzle dazzle”と“Mr.cellophane”も捨てがたいな。ああもう全部

長いな。コレ観てないヒトにはとっても不親切なレビューだ
レビューといえば何でvaudevilleをレヴューと訳してたんだろう?
それに限らず電光掲示の訳は全体的にはしょり過ぎで不親切だと思う

最後に不満をひとつだけ
バックストリートボーイズの彼。なんか浮いてるよあとステージ狭すぎじゃない?

もう終わっちゃったけどね
また機会があればみんな観にいくといいとおもうよ




| | コメント (2) | トラックバック (0)